FC2ブログ

みちのく写楽

Archive2013年09月 1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

a cosmos

秋晴れが続きました!秋晴れに似合うコスモスは今が見ごろ。...

  •  2
  •  0

廃車と秋桜

里のコスモスを探して、たどり着いた場所は廃車のワゴンある場所…この錆びたボディが全体を引き締めてくれるナイスアシストしてくれました。...

  •  0
  •  0

東映?日活?花と蝶

「花と蝶」と言う映画を思い出しました…見てもいないし、どんな映画かもわかりませんが…^^...

  •  0
  •  0

小岩井農場

すがすがしい牧場でのんびりする牛達…ストレスなく育っているようです。...

  •  0
  •  0

しゅううん

秋の晴れた空に漂う雲。一般的には秋の筋雲を巻雲(けんうん)と呼ぶようですが、巻層雲(けんそううん)のいずれか…よくわかりません^^;...

  •  0
  •  0

稲刈りが始まりましたね~今年の出来は?

先週末あたりから稲刈りが始まりました…異常気象の年の品質は?...

  •  0
  •  0

遅すぎた奥中山高原コスモスパーク!

天気と休みが合わず…昨年より遅れること半月…。やっぱり遅すぎました。^^; なんとか状態のいいコスモスを選んで撮ってきました。...

  •  0
  •  0

奥中山高原の朝光芒

コスモス畑で知られている奥中山高原へ…時遅く終焉を迎えておりましたが、雲の合間から見える光芒が救いでした。奥中山高原から葛巻町方面を望む…...

  •  0
  •  0

高原の秋はもうすぐそこ…

ヤナギランもオヤマリンドウも何とか見ることができましたが、安比高原はもう秋の気配です。...

  •  0
  •  0

霧に咽ぶ安比高原

今年はヤナギランもオヤマリンドウも時期を逃してしまいました…。...

  •  0
  •  0

霧中蕎麦

先週、天候の悪い日が続きましたが、我慢しきれずに安比へ出かけてみました。しかし残念ながら雨模様の深い霧の中…。...

  •  0
  •  0

盛岡秋祭り八幡宮例大祭 - 夜店Ⅱ

夜店は子供達のユートピアですね^^...

  •  0
  •  0

奉納演舞

今年も境内にてよさこいが演じられていた。これは「奉納よさこい」とでも呼ぶのでしょうか(笑)…詳細は良くわかりませんが、2年連続で拝見しました。...

  •  0
  •  0

盛岡秋祭り八幡宮例大祭 - 金魚すくい

秋祭り夜店…「金魚すくい」いまや1店だけのようです…子供の頃と比べ夜店もだいぶ変わったものだ。...

  •  0
  •  0

盛岡秋祭り八幡宮例大祭 - 夜店

15・16日の両日が公休だが…この連休も雨模様…しかも台風!休みの天候に恵まれず、被写体探しに盛岡秋祭り八幡宮例大祭の夜店に出かけてみました。...

  •  0
  •  0

恋あざみ

アゲハチョウがアザミに停まり、まるで恋したかのように蜜を吸っていました^^...

  •  0
  •  0

室根山三十三観音

 室根山(895m)の8合目付近に室根神社(一関市室根町)があります。「本宮」と「新宮」の2社が祀られる歴史ある神社です。境内奥の泉には「室根山三十三観音」が祀られています。泉が湧いて沢になっている場所に三十三観音が安置され、この光景はなかなか神秘的です。石には苔が生え、千手観音や十一面観音などが置かれています。...

  •  0
  •  0

室根山の秋

思っていた以上に室根山から見る360度のパノラマは圧巻です。(気仙湾)...

  •  2
  •  0

オオケタデ(オオベニタデ)

花径6ミリから7ミリの紅紫色の小さな花が集まり、穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)です。イヌタデを大きくしたような花である。先の丸い花びらが5枚あるが、花びらは花弁ではなく萼片である。...

  •  0
  •  0

韮の花…

ユリ科の多年草で、白色の愛らしい小花を球形に咲かせます。季語は夏ですが、気配は初秋を感じさせます。...

  •  0
  •  0

浮かぶ!森の妖精

レンゲショウマ情報を聴きまわっていたら、友人が花屋で見つけたといって買ってきてくれました。盛りが過ぎて落ちる花ばかりでしたので、LEDで照らして一枚撮って見ました。(決して盗掘したものではありません)...

  •  2
  •  0

最北端の?森の妖精

レンゲショウマ(蓮華升麻)という花をご存知でしょうか?森の妖精と呼ばれ一度見ると虜になります。 本州(東北地方南部~近畿地方)の太平洋岸の温帯域に分布し、山地から深山のかけての湿り気のある林下に生える。複数の都道府県でレッドリストの絶滅危惧種などに指定されている花です。...

  •  0
  •  0

2013秋桜のはじまり

朝晩がめっきり涼しくなり、コスモスが似合う季節になってきました。...

  •  0
  •  0

夏の終章

ススキとセイタカアワダチソウ(オオアワダチソウ?)が風になびき夏の終りを思わせられます。...

  •  0
  •  0

蕎麦蜜

 秋を彩る風物詩、ソバの花。純白でかれんな花々は今月末にも、香り高い藪川ソバの実を付ける。でもその花のにおいは例えるなら―糞(ふん)肥料。一般には印象が薄いが、関係者の間でソバの花の臭さは常識だそうで、原因は蜜(みつ)と考えられ、めしべ、おしべの根元に複数の蜜腺があり分泌されているからだそうです。 「人間にとっては臭くても、虫にとってはごちそうの香り」…また、「イネやムギが同じ個体(花)の花粉で受粉...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。