馬と芝とレンゲツツジ祭

馬と芝とレンゲツツジ祭


安比高原の歴史は「奈良・平安の時代(8世紀~12世紀)から蝦夷の産地として開かれてきた(安比高原物語より)」と記述されています。かつて南部の生産が盛んな時代、「前のまきば」「中のまきば」「奥のまきば」と広大な放牧地が拓かれ、現在の草原の生態系が出来たと想像できます。また、牛放牧は日本固有種「レンゲツツジ」の群落を形成することも知られています。それは全木に痙攣毒を含むためで牛は食べないからなんです。
6月初旬、草原に咲くレンゲツツジの中をが走る風景はまさに安比高原の原風景なのです。(安比高原HPより転載)
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ← 気に入っていただけたら、ポチッと応援お願いします☆

6D0009.jpg

6D0004.jpg


6D0001.jpg

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索